女子旅の定番スポット、葉山の「真名瀬」周辺だけでまとめ記事が書けちゃった

京急電鉄が推し進める「葉山女子旅きっぷ」をご存知でしょうか?
その中の観光地の1つで、写真映えする定番スポットとしても知られる葉山・真名瀬(しんなせ)。テレビCMのロケ地などでも使用された、情緒漂うバス停が有名です。
真名瀬の周辺は名物バス停のほか、たくさん葉山の魅力が散りばめられた場所です。今回は、真名瀬バス停を起点にその周りを色々とご紹介してみようと思います。
海岸や漁港に飲食店、はたまたアクティビティを楽しめる場所がてんこ盛りです。是非、葉山観光の参考にしてみて下さい。

地形がいびつな六角形

はじめに、真名瀬周辺を航空写真で見てみましょう。面白い形をしていますね。
それもそのはず、ここは埋め立て地なので人工的な地形をしているんです。

真名瀬・芝崎

(上から)真名瀬海岸の目と鼻の先には真名瀬バス停、すぐ南に真名瀬漁港があります。
そして六角形を反時計回りに飲食店、船宿、護岸釣り場、芝崎海岸と続きます。当記事のご紹介もだいたいこの順番に従って進めることにします。

地図で見れば一目瞭然なのですが、葉山の沿岸道路は海側も住宅街であることが多いです。
なので、逗子方面から海沿いを走っても意外と海が見えないのですが、真名瀬バス停を過ぎた頃から景色がぱっと広がります。

真名瀬海岸

ここから真名瀬(・芝崎)エリアの始まりです。まずは真名瀬海岸。とにかく開けた景色が素晴らしいです。
海上に浮かぶ鳥居と裕次郎灯台、江ノ島。そして、空気が澄んでいれば、富士山までも一枚の写真に収まります。夕焼けも綺麗です。

夏の真名瀬海岸

葉山の海岸と言えば、森戸と一色が有名で夏場は海の家で賑わいます。
その点、真名瀬海岸はこじんまりとして人が少なく、何というかほっとできる穴場の砂浜です。
SUPのエントリーポイントとして使用されたり、スクールなんかもあります。

当ブログ記事:
葉山で森戸でも一色でもない、真名瀬海岸で海水浴をしてみよう

真名瀬バス停

その海岸前にあるのが、真名瀬バス停です。
ここへ来たら、写真を撮らずにはいられないでしょう。ブログ主的には、“葉山と言ったらココ”みたいなイメージが強かったです。

フォトジェニック

こちらに越してくる前から雑誌などでよく見ていましたから。初めて目の前に立った時は、感慨深いものがありました。
JR逗子駅/京急逗子・葉山駅から京急バスで15分弱の距離。歩いてすぐの場所にはオススメの飲食店もあり、最近は宿もできてます。

当ブログ記事:
葉山のイタリアン「L’essen Za(レッセンツァ)」で真名瀬の海を見ながら極上ランチ
【まとめ】逗子・葉山エリアのビーチをすべて、6ヶ所全部出し特集!

真名瀬漁港

真名瀬バス停を降りた所から、すでに景色の一部になっている真名瀬漁港
一応、正確にはお次(徒歩で2分先)の「芝崎バス停」が最寄りです。

畠山晶さん

最近よくテレビで取り上げられる女漁師さんは、ここの漁師さんです。葉山でアワビや伊勢エビが採れること、知っていますか?
ちなみに、港内の一部で釣りをすることもできます。親子でいかがでしょう?

真名瀬漁港

海産物が名物の葉山ですから、やっぱ漁港は押さえておきたいですよね。
ワカメやイカが干されている景色は、旅行気分を刺激します。
目の前には、海鮮料理屋とシラスの直売所が並んでいます。町営の駐車場もすぐなので、立ち寄るにはちょうど良い所です。

当ブログ記事:
葉山の真名瀬漁港にある「勇しげ」で食べる地魚料理のボリューム感がハンパない

船宿

真名瀬漁港の通りには、船宿が数件並んでいます。
漁港からのファミリーフィッシングも良いですが、本格的な船釣りを楽しむこともできます。

福栄丸

数十年営業している昔ながらのお店が多いです。
船釣りは昼過ぎには沖上がりのパターンがほとんどですから、午後の時間を真名瀬周辺で有効に過ごすこともできそうですが。
釣った魚の下処理とか後片付けに移動など考えると、あまり現実的ではないですね。。。

当ブログ記事:
葉山・真名瀬の船宿「福栄丸」からマダイ釣りにトライしてみた

芝崎護岸の釣り場

飲食・船宿街を抜けると、海に面した護岸から釣りに興じる人々を目にすることでしょう。
ここには、熟練のメジナ師やらエギンガーやら穴釣りを楽しむ人など様々です。とある秋には、イワシを狙うイナダのボイルに子供たちが興奮していたこともありました。

カワハギ

何を隠そう、今や釣りが趣味のブログ主が釣りを覚えた場所がここ芝崎護岸なのであります。
カワハギやクサフグを初めて釣った時の痺れる感覚。今だに忘れません。穴釣りでカサゴはもちろん、ハタが釣れたこともありました。
そういえば、護岸際の土地が開発予定地として看板が建てられていたはずですが、進んだ感じはありません。どうなってるんですかね?

当ブログ記事:
葉山で釣りなんかどうすかね?③【真名瀬周辺】(釣果:アズキハタ、カゴカキダイ、カサゴ)

芝崎海岸

芝崎護岸の角を折れると海岸に降りる階段が見えて来ます。そこが芝崎海岸です。海岸と呼ばれていますが、実際にはゴツゴツした岩場、すなわち磯です。

芝崎海岸入り口

家族で磯遊びもできるし、クロダイ釣りのポイントが複数あります。
また、マクロ・ダイビングスポットとしても知られていて、スクールが近くにあります。

水中映像

当ブログとしては、シュノーケリングスポットとして一押ししています。
魚種が豊富で関東では指折りの場所だと思います。「潜りたいけど伊豆方面まで行くのはちょっと」という方には近場の葉山へ一度訪れてもらいたいです。

当ブログ記事:
葉山「芝崎海岸」の南側、一色海岸方面をシュノーケリングしてみた

周辺のオススメ飲食店

ここまで、フォトジェニックな場所やアクティビティを楽しめる場所をご紹介して来ました。もういい加減、お腹が空いて来ましたよね。
真名瀬周辺の美味しいお店を集めてみたので参考にして下さい。

レッセンツァ葉山

すべて真名瀬付近のお店です。その時のお腹の具合、またお財布と相談して決めて下さい。
レッセンツァ葉山(イタリアン)
葉山のイタリアン「L’essen Za(レッセンツァ)」で真名瀬の海を見ながら極上ランチ
勇しげ(地魚海鮮)
葉山の真名瀬漁港にある「勇しげ」で食べる地魚料理のボリューム感がハンパない
魚佐(地魚海鮮)
東京からもお客が訪れる葉山で有名な磯料理屋「魚佐」でランチ
一番(町中華)
なんとなく立ち寄った葉山・真名瀬海岸そばにある中華屋「一番」のチャーハンがめちゃ美味かった


いかがでしたでしょうか?葉山の真名瀬に興味を持って頂けたらうれしいです。
最初はバス停の記事のつもりで書き始めたんですが、書きたいことがどんどん出てきて、ついにはまとめ記事になってしまいました。
“女子”旅と銘打ってはいますが、全然男旅でも楽しめます!
当記事の内容は、真名瀬(・芝崎)という非常に限定的なエリアの話なので、葉山全体の中の一部に過ぎません。そこはご承知おきを。
にもかかわらず、これだけ書けるってのはすごいです。葉山恐るべし、ですね。

葉山女子旅きっぷ(京急公式)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください