葉山の山道で採取してきた山菜の王様「タラの芽」、ちょっと違う気がしてきた

山に出て、山菜を採って食す。そんな生活に憧れています。

でも、これといった勉強もせず、知識もありません。

だって似てるんだもん

葉山の山道を散策していた時、ふと目に止まる植物が。

そして、「これは、タラの木に違いない」。そう思いました。

タラの芽でしょ?

これはしめたと。かと言って確信もないので、少しだけ持ち帰りました。

調べてみると、似ている山菜や植物がいくつかありました。

思ってたんと違う

今思えば、枝木に目立つトゲが無かったな、と。でも時期的には今がシーズン。

天ぷらにして食べたところ、可もなく不可もなくという感じ。自信がなくなってきました。

右側のやつ

というのも、ついこの間逗子の「おかむら」でタラの芽の天ぷらを食べたばかりだからです。

記憶に新しい、あの時の心地良い苦味が感じられない。

やっぱ、違うんですかね??

関連記事:
逗子でミシュランガイドの星がつく名店、桜山の手打ち蕎麦屋「おかむら」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください