親指の皮膚中に埋まって見えなかった7mmのトゲが1ヶ月して急に飛び出してきた

思い返せば、あれは6月2日の出来事でした。

もう1ヶ月以上前の話です。

厳重装備

近所で見つけたスズメバチの巣を駆除したんです。

まだ小さかったので、簡単に終わりました。すでに、記事にしてあります。

駆除した巣

事が起こったのは、巣を駆除した後。予防のために草を刈っている時、右手親指に激痛が走ったのです。

軍手を突き抜けて、「ズキッ」とトゲが刺さった感覚がありました。でも、トゲが見えないので、刺さって抜けたのだと思っていました。

マジか

派手な痛みはないけれども、白いウミが定期的に出続ける。指が何かに触れると痛いので、本当に不便でした。

そんな感じで1ヶ月。事態が急変したのは2日前くらい。細い血豆みたいなのが浮いてきたので、「これひょっとして」と思いました。

生まれた

そろそろ病院かなと、考えていた矢先。今朝になって急に違和感を覚えたので、患部を見たら。

わお、3mmくらいトゲが飛び出してるではありませんか!

抜けた

どーりで痛いわけだわさ。

急いで妻の毛抜きを借りて来ました。抜けました。

7mm近くある

計ってみたら、7mm近くありました。トゲですね、これは。

こんなものが皮膚の中に1ヶ月以上埋まっていたなんて。

抜けた跡

私の体は今日までずっと、ウミを出しながらこやつと戦っていたのですね。

人体の神秘を感じた、実にイタ気持ちいい話でした。

それで、ふと思ったんですけど。こんな思いをするんだったら、スズメバチに刺されていた方がマシだったかもしれませんよ。

ハチに刺されまいとして、トゲに刺されていた。今となっては、笑い話です。

関連記事:
【危険】スズメバチの巣を発見しちまった!巣が小さいうちなら自力で駆除できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください