家庭菜園のシソ畑でバッタが葉っぱ全部を決して食べ尽くさない、その謎が解けた

 

家庭菜園で青じそを育てています。

千切りにして納豆に混ぜて食べると、シソの香りがふわぁ~として美味しいです。

青じそはプランターで育てているのですが、夏のこの時期、害虫が寄ってきて困ります。

IMG_6534

何者に荒らされているのかハッキリと見たことはないのですが、いつの間にか葉っぱが齧られているのです。

見てください。シソの葉が半分ごっそりいかれてますね。

IMG_6536

所々に糞が落ちています。

これは近くにいるなと思って畑の中をよく見ていたら、いましたいました。

IMG_6529-(1)

害虫殿の正体は、バッタでした!人間の目の前で堂々とモリモリ食べています。

いるのが分かればすぐに見つけられるのですが、虫ってスゴイですね。パッと見では全然見つけられませんでした。

IMG_6528

また、ご近所にはカナブンが。ずいぶんとリラックスしておられる模様。

いつもならカナブンはともかく、バッタには害虫としてそれなりの処分をさせていただいています。

ところが、妻に存在を伝えたところ、「気づいてるけどそのままにしている」とのことでした。

IMG_6531

シソ畑にバッタとカナブン。

お互いのパーソナル・スペースを守り尊重しながら、シソ畑で共存している。

不思議なことに、だんだんかわいらしく見えてきたので、そのままにしておきました。

見ていて気づいたことがあります。

バッタはいつも葉っぱを半分までしか食べません。何ででしょう?

答えは、半分以上食べると葉っぱが自分の体重を支えきれないから

あースッキリした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です