ペットボトルで簡単DIY、ニワトリ小屋に自動給水器を設置

ニワトリ小屋をちょっとずつ改良しています。

最近気になっているのは、「水入れ」の事。

砂浴び中

現状、転倒防止を優先するため、陶器製の水入れを地面に置いています。

ただ、これだとすぐに水が汚れてしまうんですよね。

巷には、「給水器」なる便利な品物が販売されていますが。

まあまあ値が張るものばかり。

ウイスキーのやつ

というわけで、ペットボトルでDIYすることにします。

用意したのは、普通より丈夫で大きめのペットボトルです。

4ヵ所空けた

ちょうど良い受け皿を見つけたら、水面の高さを決めて。

その高さに合わせて、ドリルで穴を数カ所空けます。

成功

空けた穴が、すなわち水面の高さになります。

固定する前にテスト。うまくいきました。

新・水飲み場

あとは、ペットボトルが倒れないように針金で固定するだけです。

9cm幅の木材の上にぴったり乗る形で設置できました。

自動給水器

受け皿の水が減ると、ペットボトルから水が補給される仕組みです。

土が被りにくくなり、水の量も増えました。

簡単でお金がかからない自動給水器の完成です。

関連記事:
【まとめ】DIYしたニワトリ小屋をご紹介① -ニワトリ小屋ができるまで
【まとめ】DIYしたニワトリ小屋をご紹介② -小屋の全貌をお見せします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください