葉山「芝崎海岸」の南側、一色海岸方面をシュノーケリングしてみた

 

当ブログで何度かご紹介している葉山の「芝崎海岸」

関東では指折りのシュノーケリング・スポットとして知られています。

8月18日(土)はここ数日来続いた高波がおさまり、絶好のシュノーケリング環境となりました。

天気は快晴でしたが、水温は26度前後とやや冷ため。今夏の酷暑もいよいよピークを越えたでしょうか?

ところで、今回は新しいシュノーケリング・スポットを探そうと、一色海岸方面へ泳いでみました。

当日は透明度も高く、なかなかお目にかかれない魚とも出会えました。

岸側は3mくらいの大きな岩がゴロゴロしており、海藻が豊富でした。隙間を縫って進むと楽しいです。

沖に向かうとドロップオフになっていて、たまにあるネの周りに魚たちが戯れていました。

こちら、浅瀬で見つけたハコフグ(オス)です。初めて生で見たので興奮しました!

あのさかなクンの帽子のモチーフになってる魚です。右下にいる縞々は、キヌバリですね。

ついでに紹介すると、こちらがメスのハコフグです。これは至るところで見られます。

形は一緒でも、オスとメスで全然色が違うのですね。

沖の方ではなんとツノダシを発見(左側はイシダイ)!葉山の海では初めて見ました。

映画「ファインディング・ニモ」でギル役として出ている珍しい形をした魚です。

他には、イシガキダイも見つけました。これも葉山では初めてです。

白黒ですが、ヒョウのような斑点模様が特徴です。

当日はこれまで潜った中で、一番のコンディションでした。

わざわざ伊豆に行かずとも、これだけの景色が拝めるとは最高ですね、葉山。


※今回の写真・動画はこちらの機材で撮影しました。

関連記事:
2018年】葉山の「芝崎海岸」は関東で指折りのシュノーケリング・スポットなり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です