逗子から最寄りの潮干狩り場といえば、シーサイドラインで行く「海の公園」なり

 

この時期、潮干狩りが我が家の定例行事となっています。

残念ながら、逗子海岸にアサリはいないので、横浜市金沢区にある海の公園へ通っています。


IMG_1124

最寄駅はシーサイドライン「海の公園南口」です。

京急の金沢八景で乗り換えます。新逗子駅からの所要時間は約22分です。

海の公園には1,000台以上入る駐車場がありますが、潮干狩りのシーズンは早朝から混み合うので電車を使った方がいいです。ちなみに、入場料はかかりません。


IMG_1130

私たちが駅に到着したのは、11:30でした。

園内はすでにこの混雑状況で、迷子のアナウンスがひっきりなしに鳴り響いていました。


IMG_1134

こちらが浜の様子です。

当日は12:50が干潮なので、一番の狙い目時刻となります。

動画も撮影しました。沖合に見えるのは横浜八景島シーパラダイスです。

朝からこれだけの人が採取していたとなると、もうアサリは一掃されていそうな予感がします。


IMG_1141

事前情報によると、今年のアサリは不作とのこと。

八景島寄りは壊滅しているので、できるだけ南側の野島公園寄りで開始しました。


DSCN55691

こちらが海の公園の案内図です。

赤枠で囲んだ場所が、比較的アサリがまだ多く残っているエリアらしいです。


IMG_1142

とは言っても、大きくてこのサイズです。

昨年と比べると、全然数が減っています。無いところでは本当に採れません。20分くらい総スカンで、ひたすら砂をかきまぜているだけの時間帯もありました。

周囲からも全然採れないという声が、ちらほら聞こえてくる状況でした。

で、私たちの採取結果は、前年比50%以下でした。残念!


IMG_1145

海の公園には大きめのトイレも設置されていますが、ご覧の有様です。

特に、女子トイレは長~い渋滞が発生していました。


IMG_1146

採取後はアサリを選別して、水道水で洗浄します。殺菌の意味もあります。

こちらも渋滞です。


IMG_1147

園内にはゴミ箱があるので、とても助かります。

分別して捨てて、ほとんどのゴミは持ち帰らずに済みます。


IMG_1169

砂抜き、潮抜き用の海水は、帰ってから逗子海岸で調達。これぞ、逗子住まいの強みです。重たい海水を電車で持ち帰るのは難儀ですからね。

金沢区生まれ、逗子育ちのアサリとでも言えましょうか。。。


IMG_1170

数が減ったと言えども、皆で2時間かけてこれくらいは採れました。

一人2kg以上の採取は禁じられていますので、注意しましょう。2cm以下の稚貝の採取も禁止です。

砂抜き、潮抜きのやり方はこちらにまとめてあります。良かったらご覧下さい。

GW中はもうアサリはほとんどいなくなっていると思いますが、5月の中旬にもう一度採取どきが来るそうです。


IMG_1190

新鮮なうちにパスタにして頂きました。

肝心のお味の方は、問題なかったです。というか、美味しかったです!

それにしても、今後のアサリの生息状況がどうなるのか心配です。

2018年の記事:
逗子から最寄りの潮干狩り場「海の公園」はガラガラ、今年のアサリは壊滅状態だった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です