7月にヒヨコから飼い始めた「もみじ」が163日齢にして産卵を始めました

予感が的中しました。

我が家のニワトリ「もみじ」が初めて卵を産みました。

下見中

ここ数日、産卵箱をしきりに覗いていたので、そろそろな気がしていたのです。

同級生「さくら」の初産は、つい4日前の事でした。

現在の「もみじ」

7月にヒヨコから育てて約半年。厳密には163日齢で産卵開始。

我が家の5羽のうち、一番順調で手がかからなかった鶏です。

点斑卵

で、こちらが「もみじ」の初卵です。

産み始めのせいか、まだら模様となりました。

3種卵比較

これで、我が家の鶏3種の卵がすべて出揃いました。

1日4個の自然卵が手に入るとは、とても贅沢です。

実食

初卵の実食は、定番のTKGで。

もみじは草が大好きなので、黄身の色が他より濃く感じました。

現在の5羽

未産卵の鶏は、残すところあと1羽。通称、“坂崎”です。

何をするにもびりっけつの坂崎。温かく見守ろうと思います。

関連記事:
7月にヒヨコから飼い始めた「さくら」が159日齢にして産卵を始めました
ヒヨコを育てて約半年、174日齢の「岡崎おうはん」が初めての産卵、ついに感動の瞬間を迎えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください