春を感じる地元の山海の幸でクッキング【たけのこ・よもぎ・石鯛】

春を感じる地元の食材が手に入ったので、実食します。

海と山に囲まれた逗子と葉山は、その幸に恵まれています。

タケノコ

まずは、タケノコ

今年もご近所さんから頂いた、山の幸。

よもぎ

続いて、今が旬の蓬(よもぎ)

見分けがややこしいですが、近くを歩けばよく生えています。

石鯛

最後に、イシダイ。本当は冬のうちに自分で釣りたかったのですが。

願い叶わず、佐島の魚屋で買ってきました。。。

肝ポン酢

内臓脂肪たっぷりの石鯛は、熟成させます。

ひとまず、肝だけその日のうちに食して冷蔵庫へ。

石鯛の刺身

刺身にしたのは、買った2日後の晩。冬の石鯛は初めて食べました。

食感はシマアジに少し似ていて、旨味が濃い。

春爛漫定食

たけのこご飯土佐煮。それに、よもぎ餅

地元の山海の幸で乾杯。季節を感じる食卓です。

出汁取り中

ところで、かなり期待していた冬の石鯛。

脂乗りは十分だけど、刺身だと身がゴリゴリした感じが気になる。

しゃぶしゃぶ

なので、半身はしゃぶしゃぶにして頂きました。

石鯛から出る出汁はとても美味。火を通した方が好みでした。

関連記事:
真冬のイシダイが食べたくて乗船した三浦・剣崎間口「伊仁丸」、本命ゲットならず
葉山の竹林でタケノコ狩り体験、採れたて春の旬を味わう
その辺に生えてる蓬(よもぎ)で作ったよもぎ餅で春の訪れを感じよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください