真冬のイシダイが食べたくて乗船した三浦・剣崎間口「伊仁丸」、本命ゲットならず

別名“磯の王者”と呼ばれる「石鯛」という釣魚をご存知でしょうか?

数年前、「油壺マリンパーク」で見た時は、美味しい魚とは知りませんでした。

閉館した「油壺マリンパーク」にて

しかし、石鯛“釣り”と聞くと、自分には縁遠い気がしていました。

九州の離島の一級磯で、熟練の底物師が図太い竿で釣り上げるイメージです。

伊仁丸

ところが、すぐ近くの三浦・剣崎から釣船が出ているのを知りました。

剣崎間口の「伊仁丸」という船宿です。4名から仕立てにできます。

のら?

港で見つけた3匹の猫がお行儀良くてやけにかわいい。

思わずスマホを向けたら、そろって静止しカメラ目線。

餌はヤドカリ

石鯛釣りの欠点を言えば、餌が高価で入手困難な点。

ヤドカリは自分で冷凍物を手配し、割安に済ませました。

ヤドカリ

他には、サザエやウニなど、石鯛はとにかく良いものを食べる高級魚です。

ヤドカリは手足をもいで使います。船長の手作り仕掛けは2本針でした。

ウツボ

聞くところによると、冬の石鯛はあまり食って来ないそうです。

5人中4人がウツボを持ち帰ったくらいの釣果でした。

当日の釣果

それでも、なんとか小ぶりのアカハタをゲットしました。

ウツボも一度食べてみたかったので、ちょうど良かったです。

関連記事:
三浦・松輪の船宿「成銀丸」でワラサ釣りにリトライ、なんとか3本ゲットした
三浦の海上釣り堀「みうら海王」でカンパチ、マダイをゲットしたぜよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください