「Beach Muffin(ビーチマフィン)」で逗子のクラフトビール、ヨロッコビール三昧の昼下がり

 

昨年の夏にご紹介した、逗子の人気カフェ「Beach Muffinn(ビーチ・マフィン)」

ベジ、ヴィーガン料理を振る舞うカフェとしても知られています。

そんな自然派カフェとは別に、休日にはバーが出現します。

逗子を代表するクラフトビール、ヨロッコビールのタップルームです。

初冬の昼下がりでも美味しいビールを楽しみたいってことで、またお邪魔してきました。

逗子が誇るヨロッコビールは、お世辞なしに美味いビールだと思います。

当日のラインナップは以上の通りです。

訪れる際は、念のためFBなどでスケジュールを確認しておくことをオススメします。

まずはMotchan’s Mikan SaisonSaisonから(すべて800円)。

Motchanてのは、大磯のみかん農家さんのことだそうです。

おつまみにはブリトー(1,000円)を注文。

ブリトーの中はすべて豆類、クリームチーズも牛乳不使用と思われます。

それにクリスピーフライドポテト(800円)

昼下がりのビアタイムのはじまり、はじまり。。。

続いて、M.P.A(左)とclutivator(右)。

カルチベイターはホップが効いていて、一番好きな味です。

ところで、ビーチマフィンにはキッズメニューも用意されています。

こちらは、お子さま用ロコモコ(550円)です。

ジュースや各種スムージー(600円)もあるので安心です。

お店には子連れのママさんたちの姿も結構見かけました。

店員さんがお客さんの出入り具合を見て、席を移動させてくれました。

気を新たに、ヨロッコビール三昧は続きます。

おっとその前に、追加のおつまみ。

ナチョス(700円)を頂きながら味わうビールは?

Porterでした。

気づいてみれば、当日のヨロッコビールを制覇しておりました。

その他、スイーツも充実しています。

こちらは当日メニュー、パンプキンシフォンケーキ(700円)という名前だったかな。

そんなこんなで、大満足の休日でした。

beach muffin
ジャンル:カフェ
アクセス:京急逗子線新逗子駅南口 徒歩6分
住所:〒249-0005 神奈川県逗子市桜山8-3-22(地図

周辺のお店のネット予約:
和食処 きすいのコース一覧
肉バル キングコング 鎌倉大船店のコース一覧
北鎌倉 円のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 逗子×カフェ
情報掲載日:2018年12月9日

関連記事:
逗子の自然派カフェ「Beach Muffin(ビーチマフィン)」にはヨロッコビールのタップルームがありまっせ
逗子で人気のカフェ「Beach Muffin(ビーチマフィン)」で笹倉慎介の演奏と工藤朋子の写真展がコラボレーション

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です