逗子の自然派カフェ「Beach Muffin(ビーチマフィン)」にはヨロッコビールのタップルームがありまっせ

 

本日は、久しぶりに家族で「Beach Muffin(ビーチマフィン)」を訪れました。

かねてからご紹介したかった、自然派カフェです。

田越橋から川沿いを海岸方面へ歩いていくと、ビーチマフィンはあります。

映画『海街ダイアリー』(2015年)のロケ地として使われたことで、一気に知名度が上がりました。

「自然派」カフェと書いたのは、このお店がオーガニック食品にこだわっているからです。

店頭にも無農薬野菜たちが販売されていました。

レジの前にも、素材にこだわったお菓子などが並んでいます。

うちの妻は、ここのビスコッティを好んでよく食べています。

しかし、一方で私は全くの雑食なのであります。

それでもビーチマフィンに通う理由は、大好きなヨロッコビール(逗子の地ビール)のタップルームがあるからです。

ちなみに、店内はこんな感じです。映画では、リリーフランキーがマスターでしたね。

家族連れや外国人客、一人で読書する方など、客層は様々です。

で、ヨロッコビールのタップルームは奥の方にあります。

こちらの会計は、キャッシュオンで支払って下さい。

当日のメニューは以上の通りでした。すべてヨロッコビールで醸造したビールです。

時期によって内容は変わりますので、事前にFacebookでチェックすると良いでしょう。

というわけで、ランチの注文もせずにまずはBahia IPAから。

料金はall800円だったかな。間違ってたらすいません。

ベジバーガー(1,200円)はお肉なしでも満足感あり。

クミンが効いたスパイシーなフライドポテトが付きます。

こちらは人気のナチョス(700円)です。

なんと、チーズも含めてビーガン料理だそうです。

続いて、ベーグル トーフツナ サンドウィッチ(750円)です。

ツナを豆腐で模してあります。

デザートには、ココアバナナパイ(600円)

こちらもビーガン食材です。

最後に、もう一度ヨロッコビールをいただきました。

左がSaison d’ Ishikiで右がHidden Tea Roomです。乳糖によって白濁しています。

あんまり美味かったので、持ち帰りにもう一杯IPAを頂きました。

場所は桜山なのですが、桜山といっても広いので正確な位置をご確認下さい。

隣にドミノピザがあるので、目印にすると分かりやすいです。

関連記事:
逗子で人気のカフェ「Beach Muffin(ビーチマフィン)」で笹倉慎介の演奏と工藤朋子の写真展がコラボレーション

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です