逗子が誇るクラフトビールメーカー「Yorocco Beer(ヨロッコビール)」が今年も柚子セゾンを販売開始

 

逗子に美味しいクラフトビールがあるのをご存知でしょうか?

その名を「Yorocco Beer(ヨロッコビール)」と言います。

柚子セゾンの販売が始まったことをFacebookページで知り、やって来ました。

こちらがその製造所・販売所です。久木3丁目にあります。実は私、以前ここの近所に住んでいました。

当初から特徴的な建物の存在に気づいてはいたのですが、ここが大好きなヨロッコビールの製造所だと知った時は興奮したものでした。

パン屋さんと合同で経営しているらしく、左側がビールの販売所となっています。

販売所といっても、常時ビールが売られているわけではありません。

普段はタップルームである「Beach Muffin」がメインです。それか、先日ご紹介した「DAYS386」や「spice tree」などで提供されています。

生産量が小規模なので飲める量は限られており、非常に貴重なビールなのです。

その代わりと言っては何ですが、マジで美味いです。

今回はそのヨロッコビールの柚子セゾンが、300本弱の販売をすると聞いてやって来たのです。

これがその実物(1本600円)です。ラベルもイカしてますね。

柚子セゾンに関する解説書も付いています。

早速、ありがたく頂きました。以下、解説書より引用します。

「このビールは、さいしょ鼻を近づけると、柚子の香り、そしてセゾン酵母由来のフルーツガムのような香り。口に含むと、まず麦の甘みや旨みのあとに柚子の酸味が口を駆け抜け、そして鼻に抜ける果皮の香り。さらに、あのゴツゴツした柚子皮からの若干のエグみというか雑味も感じられ、目をつむれば、きっと柚子の木に実がたわわに生り繁る姿が浮かぶのではないでしょうか?」

さすが作り手が言うだけあって、言い得て妙な表現だと思いました。

ヨロッコビールでは柚子セゾンを毎年製造・販売しているのですが、私は飲むのが初めてだったので遠慮して3本しか購入しませんでした。

もっと買ってこようと思いましたが、時すでに遅し。

完売の知らせを確認した次第です。2日で完売ってスゴイですね。

ヨロッコビールは来年で開業5年目となるそうです。

来年も美味しい様々なビールを楽しみにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です