目指せ!自家製ひょうたんスピーカーへの道③ -アク抜きと乾燥

※当記事のやり方は間違っていました。ひょうたんは乾いた物を使うようです。失敗の参考例として読んで下さい。

3月から始めた、ひょうたん栽培の続きです。

まずは、悲しいお知らせから始めなければなりません。

割れてもうた…

9/17…9/9に水に浸してから8日目。様子を見るために手にとった時。

ヒビが広がったかと思うと、あれよあれよとこんな有様に。修復不可能なり。

ちと小さい

さて、残るひょうたんはあと3個。

均等なサイズ2個でステレオで鳴らそうか。でも、ちょっと小ぶりかな。

まあまあのサイズ

悩んだ末、こちらの21cmでモノラルスピーカーにすることにしました。

もう失敗は許されません。

早く言ってよぉー

先日、大船のひょうたん展で秋本しゅうせい氏のレシピを知りました。

今度はこれに従って進めていこうと思います。

穴開けた

なるほど。タネ抜きする前に音抜け穴を開けてしまうのですね。

穴開けにはハンダゴテを使います。先っぽの穴も同様に。

慎重に

穴を開けたら、底の部分をくり抜きます。

安いコンパスカッターでは、歯が立ちませんでした。

種がわんさか

底が抜けたら、中のワタと種を掻き出します。

先端に開けた穴と貫通しました。

アク抜き

そしたら、24時間水に沈めてアク抜きします。

ちょっとだけハイターを入れてあります。

洗浄・乾燥

翌日、水から上げて洗いました。見た目の変化はありません。

その後は、天日干しなのか陰干しなのか、諸説あります。

中の様子

空洞に向かって声を発すると、音が響きました。やや感動。

不明点が多くありますが、こんな感じで進めていきます。

関連記事:
目指せ!自家製ひょうたんスピーカーへの道① -ひょうたんを育てる
目指せ!自家製ひょうたんスピーカーへの道② -収穫から種抜きまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください