キッチン解体で出た廃材を使って、まな板台を作ってみた

DIYリフォームをしている途中で、廃材がたくさん出ます。

やみくもに捨てるのではなく、何かに使えそうなものは取っておくようにしています。

DKの根太

例えば、木材です。ダイニング・キッチンのフローリング交換の時。

取り替えた根太は、薪ストーブの燃料にするなど、廃棄せず大事に保存していました。

役立つ時が来た

近々、キッチンに小型のシンクが届く予定なので。

その廃材の一部を使って、必要な“あるもの”を作ります。

さて、何でしょう?

できるだけ状態の良い木材を選び、サンダーで磨きます。

その後、任意の長さにカットして、加工します。

分かるかな

あらかた完成しました。

あとは、モノが届いてからの微調整を残すのみ。

ヒント

ヒント。こうやって使用します。

シンクで使うと言えば、もう分かるでしょう。

やった、まな板台できた

そうです。正解は、まな板の台(脚)でした。

シンクの中で水を流しながら、釣った魚を捌きたかったのです。

完成

念のため、表面にくるみ油を擦り込んでおきました。

これで長持ちすると思います。

買うと結構なお値段がする代物です。

それが、なんと0円同然でできました。うふふ。

関連記事:
自分でリフォーム大作戦、キッチンの床断熱作業が終わった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください