森戸の葉山釣具センターでボート釣りをやってみた①

 

逗子の隣町、葉山沿岸はボート釣りが盛んなことで知られています。

先月、長者ヶ崎(オオモリボート)で体験して以来、その魅力に取り憑かれてしまいました。

で、「今度は違う場所でもやってみよう」ということになり。

釣果の評判が良い森戸の「葉山釣具センター」を利用することにしました。

今回のために、ボート釣りについて理解を深めて参りました。

本書の初版はやや古いですが、葉山の地形や山ダテの方法など有益な情報が掲載されています。

冬季の利用時間は07:30〜14:30です。

自転車はお店脇にある駐車場に駐輪できます。

受付を済ませて、お店の方から当日の海況とオススメのエリアを教えてもらいました。

ボート代は1日3,800円(曳船なし)と手頃。バケツとライフジャケットのレンタルは無料です。

歩いて数分で浜に着きました。すぐ左手にボート場があります。

受け取った番号札を渡して、出船の準備です。

人気のボート店なので空いてる平日を予約したのですが、不運にも今年一番の寒さ。

おまけに沖の風が強かったので、初心者は風の弱い浅瀬エリアでの釣行を余儀なくされました。

07:34出船。前回は沖のポイントまで曳船で楽々でしたが、今回は手漕ぎです。

なるほど、潮の流れがある中でのボート漕ぎやアンカリングは慣れていないと難儀ですね。

遠くに鳥居が見えます。あそこが、名島です。

その先にある割島テゴ島が好ポイントで、良型のマダイなどが狙えます。

では、いよいよ実釣と行きましょう!

後編に続く

関連記事:
葉山・長者ヶ崎のオオモリボートで相模湾ボート釣りに初トライしてみた①
葉山・長者ヶ崎のオオモリボートで相模湾ボート釣りに初トライしてみた②

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です