美容食品として大注目、逗子の特産品アカモクを練りこんだ「あかもくうどん」

 

逗子の特産品といえば、アカモクがありますね。

アカモクとは海藻の一種で、小坪港がその産地として知られています。

IMG_4218

今回は、逗子特産のアカモクを使用したあかもくうどんの試食レポートです。

あかもくうどんは、逗子セレクションの銀賞として認定されています。

IMG_4219

封を開けたら、ふわっと磯の香りが漂ってきました。

恥ずかしながら、私はアカモクを食べたことがありませんでした。しかし、最近は美容食品としても注目を浴びているようで、テレビや雑誌なんかでも見たことがあります。

今回ご紹介するのはうどんですが、うどんの中にアカモクがたっぷり練りこんであるのです(含有率は2%)。表面に見える黒い粒々がアカモクです。

IMG_4222

乾麺タイプなので、調理は極めて簡単です。

たっぷりのお湯で、強火で約5分茹でるだけ。

IMG_4228

茹で上がったら、軽く水洗いしてぬめりを取ります。以上です。

アカモクの色で、うどんがまるで蕎麦のように見えます。ちょうど細さも蕎麦のようです。

IMG_4231

ざるにして、万能ネギと一緒に頂きました。

コシがあって、細麺がつゆとよく絡みます。ほんのり磯の香りがしました。

アカモクには美容効果の高いミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどがたっぷり含まれているそうです。

個人的には、もっとアカモクの主張があっても良い気がしましたが。。。

今度はアカモクを海藻でトライしてみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です