逗葉新道入り口付近にショッピングスポット「葉山ステーション」がいつの間にかオープンしていた

 

隣町の葉山に葉山ステーション」というショッピングスポットがあります。

昨年夏の当ブログで横須賀・長井にある「すかなごっそ」をご紹介しましたが、同様に地元の物産品などを集めて販売しています。

実は私、このお店の存在を最近知りました。

オープンしたのは昨年の9月1日だそうです。すかなごっその記事を書いてから数日後のことでした。

場所は地名でいうと長柄(ながえ)。逗葉新道の入り口の手前です。車で逗子・葉山に寄った帰りに、お土産を買うのにちょうどいい立地です(75台分の無料駐車場あり)。

しかし、我々からしたら高速を使わない限り、なかなか使わない道です。地元民より他所から出入りする人の方が目に入りやすいですね。

店内はこんな感じで、なかなかの賑わいです。夕方の時間帯には、売り切れ商品が結構出ていました。

ちなみに、野菜は横須賀産と三浦産が多いです。

葉山ステーションのテナントはご覧の通りです。

ワンフロアで飲食店も入っています。イートインコーナーもあります。

生鮮食品は地元スーパーのスズキヤが出店しています。新鮮なブリ丼が500円で売られていました。

小さなスーパーがそのまま入っているといった感じで、これはもはや地元民向けの品揃えです。

これからご紹介しますが、ここでは広い範囲の地元物産品を取り扱っています。

数少ない逗子の特産品、あかもく関連商品も置いてあります。

葉山エリアで言うと、まずは葉山牛

旭屋牛肉店さんが自宅から少し近くなってうれしいです。

と言うのも、こちらの葉山コロッケが大好きだからです。

専用の「皮パン」があるので、合わせてコロッケパンにして食べてみて下さい。

ブレドールが入っているのもうれしいですね。

あと、日影茶屋の大福なんかも売っていました。

鎌倉エリアからは、鎌倉野菜

詰め合わせが一袋500円で販売されていました。

うれしかったのは、紅谷のクルミッ子があったこと。鎌倉に行く手間が省けます。

やはり、よく売れるそうです。

横須賀エリアからは秋谷の野菜をはじめ、定番のよこすか海軍カレー関連です。なぜか水谷隼カレーも置いてあります。

スズキヤの方に行けば、佐島のタコもあります。

でかでかと重慶飯店」のコーナーがありました。

東方は葉山で限界。横浜中華街に行けなかった方には神奈川土産に良いかもしれません。

というわけで、観光客にも地元民にもやさしい道の駅風ショッピングスポット「葉山ステーション」のご紹介でした。

それにしても、逗子に名産品が少ないことが残念。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です