逗子の新しいイベント「池子の森の音楽祭」へ遊びに行ってきた

 

本日、10月21日(土)は逗子の池子の森運動公園で楽しみなイベントがあります。

先日来お伝えしている逗子アートフェスティバル(ZAF)が主催する、池子の森の音楽祭です。

池子の森運動公園の最寄駅は「京急神武寺駅」です。

逗子で暮らしていながらも縁遠い駅なので、知らない土地にやって来たような新鮮さがあります。

駅から線路沿いに進むこと約8分。池子の森運動公園のゲートに到着しました。

ゲートというのも、ここら辺は米軍の住宅地区になっており、セキュリティが厳重なのです。

なんでも、昔は旧日本海軍の弾薬庫として使われていた場所なのだとか。

それはさておいて、会場に到着しました。

当日はあいにくの雨とあって、お昼頃にもかかわらず、お客さんの数はまばらでした。

ステージではちょうど、かもめ児童合唱団が歌を披露していました。

雨だとお客さんの傘がかぶってちと見づらいですが、致し方なし。

池子の森音楽祭の注目すべき点は、飲食ブースです。これは魅力的です。

「michi-kusa / comichi」をはじめ、逗子で人気の飲食店がズラリと勢揃いしていました(当日は雨のためお休みの店舗もいくつかありました)。

お腹が空いていたので、さっそく「michi-kusa」さんを訪れました。

こちらは当イベント限定の自家製リングイネを使用した3種きのこのボロネーゼソース(600円)です。

続いて、「HappyGoLucky」さんのチョリパン(800円)

毎年、逗子海水浴場の海の家で出店している人気店です。

極め付きは、逗子が誇る「ヨロッコビール」さんのモザイクペールエール(700円)

「Beach Muffin」さんのいちぢくのマフィン(320円)も思わず購入。

それらを公園の豊かな芝生の上に持ち寄って、ゴロンと横になりながら頬張る予定でした。。。

が、この雨と来ては、限られたテントに身を寄せて食べるしかありません。残念!

お目当てのアーティストがいたので後ろ髪を引かれつつも、雨と寒さに耐えかねて会場を後にしたのでした。

次回は是非、快晴の秋空の下で開催されることを切に願っています。

 

2 件のコメント

  • はじめまして。みどりの市庭の濱中と申します。

    ご来場頂き、また記事にして頂き誠にありがとうございます。
    みどりの市庭は、池子の森の音楽祭のフードブースとして企画させて頂きましたが、
    このたび、3月24日、25日に、逗子トモイクフェスティバルの一環として、
    みどりの市庭を開催させて頂く事になりました。

    今回は是非、逗子ぐらしさんのWEBサイトでご紹介頂きたいと思い、
    このような形になってしまい大変恐縮ですが、ご連絡させて頂きました。

    イベントの概要は、WEBサイト(midoichi.info)にまとめさせて頂いており、
    別途プレスリリースも用意しております。

    イベント自体は、逗子文化プラザ市民交流センターが主催となっておりますが、
    イベントの作り込みに携わっているメンバーは、逗子、葉山に住む市民が中心となり、
    制作している手作りのイベントです。

    逗子の魅力を内外に伝え、皆に逗子に住む事を誇りに思ってもらいないな。という思い
    をもって、私自身お手伝いさせて頂いております。

    是非、広報にご協力頂けますと幸いです。

  • こんにちは。
    改まったコメントをいただき、誠に恐縮です。

    ウェブサイトを拝見しました。なかなか面白そうなイベントですね。
    是非、遊びに行かせてもらいます。
    このようなささやかなブログでよろしければ、記事にさせて下さい。
    今度はバッチリ晴れるといいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です