年に一度の「小坪わかめ収穫祭2018」は今年も大盛況、新鮮養殖わかめがたったの500円で袋に詰め放題だった

 

リベンジを誓った昨年の「小坪わかめ収穫祭2017」から早一年。

2018年3月4日(日)、今年もその日がやって来ました。

JR逗子駅前広場で開催される「小坪わかめ収穫祭」は、小坪の養殖わかめが浜値で買える年に一度のイベントです。

昨年は開始時間に会場を訪れた所、すでに受付が終了しているという憂き目にあったのでした。

開始時間は10:00にもかかわらず、15分前にはこの有様。スゴいですね。。。

私たちは気合いを入れて40分前から並び始めましたが、それでも先客が大勢いました。

ロータリー沿いに駐車された軽トラには、沢山のわかめたちがスタンバイ。

これだけ準備があれば、さすがに取りっぱぐれることはないでしょう。

参加料金は500円。支給された袋に詰め放題です。

思っていたより袋のサイズが大きかったです。

今年から詰め放題が時間制になり、お一人様3分の制限時間付きになりました。

笛の合図により、負けられない戦いの始まりです。

とはいえ、3分もあれば十分です。袋いっぱいにわかめを詰め込みました。

こんなに詰めたら、後ろの人たちの分、大丈夫ですかね。

特設ブースではお味噌汁の振る舞いも行なっていました。

美味しい味噌汁のコツは、わかめを直前に湯がいて入れること。茹ですぎて変色してしまうのを防げます。

養殖といえども、小坪の新鮮わかめは肉厚なので食感も楽しめます。

味噌汁の中には、同じく小坪漁港名物のサザエが入っていました。これは贅沢です。

それにしても、スゴい盛況ぶりです。

今年は逗子市が推しているアカモクコーナー(試食あり)もあったりと、かなり充実したイベント内容でした。

逗子に暮らしていながらも、人によっては小坪は近くて遠い場所です。

地元の特産物を知るためには、絶好の機会となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です