「史上最強クラス」台風21号直前の波で逗子海岸にサーファー来たる

 

衆議院選挙の投票日、10月22日。関東地方に台風21号が迫っています。

「史上最強クラス」とも言われるほどの、超大型非常に強い台風です。

予報によると、明日23日未明に上陸します。ということは、通勤時間帯の混乱が予想されます。

ここ逗子でも、本日朝から雨が降り続いており、時折非常に強い雨となっています。

まだ、風はそこまでではありませんが、これは逗子海岸でサーフィンができるチャンスです。

15:00すぎに訪れてみると、案の定、通路が雨水で冠水していました。

同時刻の材木座・由比ヶ浜辺りの波と比較すると波は低いですが、海にはサーファーが集まっていました。

やはり、西側(大崎側)の方が波が高いです。

ただし、波の威力は強いです。砂浜にはゴロ石が散らばっていました。

おそらく、波に運ばれてきたのでしょう。これを見ると、ちょっと海に出るのが怖くなります。

波の高さがちょうど良く、セット間隔も良好。

これから逗子の海も荒れてきますので、ほどほどにして帰りましょう。

※天気図画像はtenki.jpより転載しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です