7月下旬に葉山の一色海岸でウミガメが産卵してからもうすぐ2ヶ月です

 

先日、葉山の知り合いから驚きのニュースを聞きました。

なんと、葉山の一色海岸でウミガメが産卵をしていたと言うのです。

産卵をしたのは、7月28日(金)の夜のこと。

すべてを済ませて海に帰っていったのは深夜01:00過ぎだったそうです。

ウミガメが産卵をするのは満月の夜だとよく聞きますが、当日は違いました。

7月の一色海岸といえば、海水浴シーズン真っ只中ですよね。当然、人の目に触れていました。

情報によると、産卵場所は海の家「BLUE MOON」の真横で、人通りが多すぎるためスタッフが人気の少ない場所へ丁寧に埋め直したとのこと。

タウンニュースに記事が掲載されていたので、興味のある方はご覧下さい(記事:一色海水浴場でウミガメ産卵)。

そういえば、5月下旬に同じく葉山の芝崎海岸でウミガメが発見されていました(記事:葉山の海岸近くにウミガメ「目撃されるのは珍らしい」)。

加えて、ウミガメといえば、逗子海岸でも今年の夏、砂浜に打ち上がっていたと言う話を小耳に挟んでいます。

実際に一色海岸の現場を見に行ってみました。しっかりと保護柵が設けられています。

ところで、ウミガメが産卵をしてから2ヶ月が経ちます。順調にいけば、そろそろ孵化する頃ですね。

無事に海へ巣立ってくれることを願うばかりです。

→10/24 この夏葉山の一色海岸に産卵したウミガメの卵の孵化は、残念ながらほぼ絶望的
→10/30 葉山の一色海岸に産卵したウミガメはやっぱり「孵化ならず」との報道だった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です