この夏葉山の一色海岸に産卵したウミガメの卵の孵化は、残念ながらほぼ絶望的

 

1ヶ月前、当ブログでお伝えした葉山・一色海岸のウミガメの産卵の件につきまして。
(7月下旬に葉山の一色海岸にウミガメが産卵してからもうすぐ2ヶ月です)

私たちはウミガメの孵化をこの目で確かめようと、実は何度も夜な夜な現場に通っておりました。

産卵からすでに2ヶ月を過ぎてはいたものの、9月下旬から10月上旬の満月(大潮)の時期には生まれるだろうと勝手に目星を付けていたのです。

日テレ『志村どうぶつ園』のスタッフがつきっきりで監視体制に入ったのも、丁度その頃でした。

行くたびに「まだですねえ」なんて話をしては、今か今かと孵化する日を待ち望んでおりました。

こちらは10月10日の様子です。それまでにはなかった膨らみを確認しました。

しかしこれは、空いてしまった穴を関係者が塞いだ跡だったことが分かりました。

この時から、生まれない可能性もあることを聞いていましたが、それからほぼ半月。連日の雨に加えて強烈な台風もありました。

孵化の知らせがないまま、現場の保護柵が取り払われていました。

残念ながら、自然の摂理に従うほかはないのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です