ミシュランガイドが掲載するラーメン店が鎌倉へ「銀座 篝(かがり):鎌倉店」を訪ねたけれど

ある日、アサリやハマグリの出汁の話をしていた時。

鎌倉でハマグリラーメンを出す店ができたと聞きました。

「篝:鎌倉店」

それも、大変評判の良いお店ということで、さっそく鎌倉・小町通りへ。

店構えからして、高級割烹のような出で立ちです。

メニュー

こちらがメニューです。

店内も高級感と清潔感漂う作りで期待が高まります。

蛤と牡蠣 汐Soba(1,100円)

お目当てのラーメンが運ばれて来るなり、テンションは最高潮に。しかし、感動はそこまで。

それぞれの具材は素晴らしいものの、魚(タイ?)の出汁の臭みが酷く、お世辞にも美味しいとは言えませんでした。蛤の出汁は何処へやら。

特製仕様

当日は奮発して、「特製仕様」(300円)も頼みましたが。

わざわざ冷えた具材を後乗せしても、スープが冷めるだけでした。

鶏白湯Soba(1,100円)

一番人気の鶏白湯Sobaも、こってりし過ぎて口に合わず。

全部食べきることができず申し訳ないです。

釜揚げしらすバターご飯

極め付きは、こちらの「釜揚げしらすバターご飯」。バターは許すとして。

トリュフ醤油をかけたら、しらすの味が吹っ飛んでしまいました。

高級料理とB級グルメは紙一重だと感じました。

外観

あと、テーブルでの料金前払いシステムが解せませんでした。

手を消毒して入店して、オーダーして、お絞りで手を拭いて、料理を楽しみに待っているところでお金を触らなきゃならないのはどうかなと。
仮に電子決済するとしても、タイミングが悪いと思います。もし、ご馳走になる(する)場合、生々しい金額を目の前で知らされると気まずいでしょう。

こちらがお店の場所です。

料理は好みですから、人の評判を気にせず自分の舌で確認するのが一番です。

関連記事:
逗子・葉山エリアのラーメン屋ランキングBEST3入り常連の「一酵や葉山」へ訪れて痛い目に会った話
ラーメン好きの友人を逗子の人気店「想(SOU)」へ連れて行ったらマジで感激された話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください