押し迫る年の瀬、逗子駅前の「魚佐次」で買ったサバを締め鯖にして2019年を締めくくる

2019年もいよいよ、年の瀬が押し迫って参りました。

思えば今年も色々なことがありました。

鮮魚がたくさん

で、訪れたのはJR逗子駅前にある魚屋「魚佐次」です。

相変わらず賑わっていて、この風景を見ると年末であることを実感します。

頭も取られちゃった

長井産の良さそうなサバ(700円)を買ってきたのは予定通り。

ゴミ収集がしばらくないので、内臓だけ取ってもらいました。

締め鯖で年も締まる?

しばらくサバを釣っていなかったので、久しぶりの締め鯖。

これで2019年もうまく締まったでしょうか?

それでは皆さん、良いお年を。

関連記事:
幻の地元ブランド牛、葉山牛ですき焼き忘年会なり
2016年の年の瀬、逗子で最も混み合う鮮魚店は「魚佐次」で間違いない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください