幻の地元ブランド牛、葉山牛ですき焼き忘年会なり

逗子の隣町、葉山ではブランド牛が飼育されています。

その名も葉山牛ですが、年間160頭しか出回らない貴重な牛肉です。

「葉山ステーション」にも出店している「旭屋牛肉店」

これが結構な高級品なので、いつもはスルーしております。

しかしながら、この年の瀬。とある忘年会に招かれ、葉山牛を食す機会に恵まれました。

葉山牛を飼育している上山口の三留牧場

葉山牛は特に飼料に特徴があるようです。周辺環境にも気を配っているんですね。

確かに、上山口の牧場周りを通っても、牛舎独特の匂いがしないのはそのためなのか。

勉強した後にお肉を見ると、感動もひとしおです。

霜降りのキメが細かいこと!お色も艶っぽいピンク色をしています。

今夜は、この葉山牛をすき焼きで頂きます。

牛脂を鉄鍋になじませたら、真っ先に肉を焼くのが関西流らしいっす。

その後、砂糖と醤油、お酒を投入して割り下を作ります。

うーむ、うんまい!美味いとしか言いようがないです。

最近、魚ばっかり食べてたので、やっぱ肉はいいすねー。

豆腐、えのき、しらたき、春菊、白菜、それにワケギを入れました。

いやあ、大変満足!お蔭様で良い年を迎える準備ができました。

みなさまも良いお年を!

関連記事:
逗子・葉山エリアで誰もが認める焼肉屋「友琉館(うりゅうかん)」で極上の葉山牛と黒毛和牛を食して夢見心地
葉山牛公式ウェブサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください