逗子暮らしで知った釣りの楽しみ、2018年の釣り納めはメバルが大漁

本当に時が経つのは早いもので、2018年が終わろうとしています。

逗子暮らしを始めて5年目。今年も色々と新たな逗子を発見して参りました。

ゴミ処理施設「アイクル」では建物脇のスペースを釣り人に一部開放している

しかし何と言っても、個人的には釣りにハマったことが印象深いです。

これも逗子暮らしあってのこと。海に恵まれた場所に移り住んで本当に良かったと思います。

というわけで、2018年の釣り納めに訪れたのは横須賀の「アイクル」です。

休日は朝から釣り人で混み合う人気の釣りスポット

『逗子ぐらし』なんだから、本当は逗子でやりたいのですが。

だって、葉山とか横須賀の方が全然釣れるんだもん。

ここの最寄りは追浜駅なので逗子からなら自転車でも来れますし、無料の駐車場があるのがうれしいポイントです。

足元は柵があるので安心、ファミリー向けにもオススメ

実は当日、40cmはあろうかというサバを獲り逃がしました。

夜のメバリングに備えてルアー投げの練習をしていた所、突然サバの回遊に巡り合わせ、ものすごい早さで食いついて来たのです。

その時、タモ網の用意はありません。テンパって力ずくでぶっこ抜いてしまいました。

それで敢えなく空中でバラし。マジで悔しっす!

アイナメとの見分け場所は尾ビレ、丸いのがクジメ

で、肝心の釣果はというと、開始早々にクジメをゲット!

アイナメ釣りの外道とされている魚ですが、そこそこ美味いらしいです。

手のひらサイズのメバル、これはさすがに持ち帰れない

続いてちびメバルの2連発。ちなみに、本日の狙いはアジとメバル。

今日は是非、お持ち帰りサイズを釣りたいです。

これくらいのウミタナゴなら逗子でも釣れる

日が傾いてからは、ウミタナゴが2匹釣れました。

この前食べて失敗したので、すぐにリリース。クサフグも然り。

独特な引きが楽しめるメバル釣り

夕まずめが過ぎても、時合いらしきものはなく。

と焦っていたら、20cmくらいのメバルがやっとヒットしました。

メバルが8、クジメ1の釣果

その後、初めてのお持ち帰りサイズに感激する暇もないくらい釣れました。

17:00過ぎからメバルの入れ食いタイムに遭遇。終わってみればご覧の釣果でした。

メバルの人気レシピ、煮付け

クジメは一夜干しに、メバルは刺身と煮付けにして頂きました。

サバの件は悔しいけれど、2018年最後の釣りとしては満足です。

関連記事:
逗子でも釣れるウミタナゴ、実は食べると美味しいという噂を確かめてみたけれども
2019年の初釣りで釣り上げたビール瓶サイズのアイナメを刺身と焼き霜で食らう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です