逗子で色んなお店に行ってみるけどやっぱり「michi-kusa(みちくさ)」いいよねって、そういう話

今夜は久しぶりに「michi-kusa(みちくさ)」を訪れました。

大好きなお店といえども、逗子には山ほど飲食店がありますから、ついついご無沙汰しておりました。

調べてみたところ、前回のリポートはちょうど2年前。2016年のクリスマス・イブでした。

姉妹店の「comichi(こみち)」とか「copain(こぱん)」とか行ってるうちに機会を逃していたんですね。

あんまり同じお店の記事を何度も書くことはしないようにしているのですが。

前回から結構時間が経っているので、再度リポートします。

当日は予約はしていませんでしたが、何とかテーブル席が1ヶ所空いている状態。

でもピザ窯を間近で見たいねってことで、その日はカウンターを選びました。

まずは生ビール(680円)サングリア(630円)で乾杯!

私はワインに疎いのでアレですが、「みちくさ」はワインメニューが豊富です。

で、定番のゴロゴロ地野菜のクスクスサラダ(880円)

これが食べたくて「みちくさ」へ来たと言っても過言じゃないです。

そんでもって、前菜5種盛り合わせ(1,280円)

カポナータ、パテ、黄色人参のラペ、などなど。

お待ちかね、湘南豚のポルケッタ(980円)です。

これは脂身もグイグイいけちゃいます。

当日メニューからは、牡蠣のアヒージョ(950円)を頂きました。

パスタ、ピザと続きたかったのですが、何とここでギブアップ。。。

せめて最後にドルチェでも、と頼んだのがフォンダンショコラ バニラアイス添え(600円)

あったかいチョコと冷たいアイスのコンビネーションがたまらんかったです。

今の時期、パーティプランもありまっせ。

新しいお店を開拓するのもいいのですが、やっぱ「みちくさ」いいわー。

関連記事:
逗子でどんなシチュエーションでもハマる大衆居酒屋といえば「michi-kusa(みちくさ)」で決まりでしょ!
2016年末にオープンした鉄板料理の「こみち(comichi)」は逗子の人気店「みちくさ(michi-kusa)」の姉妹店
みちくさ、こみちの3号店「ビストロcopain(こぱん)」のランチ営業が始まった

osteria michi‐kusa
osteria michi‐kusa
ジャンル:逗子の古民家イタリアン
アクセス:JR横須賀線逗子駅 東口 徒歩6分
住所:〒249-0006 神奈川県逗子市逗子7-1-3(地図

ネット予約:osteria michi‐kusaのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 逗子×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2018年12月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です