逗子で暮らし始めてから魚好きになって、ついには地球温暖化を肌で感じた話

1年前にも書いたんですが、逗子に住み始めてから魚が好きになりました。

逗子には漁港もあるし、美味しい魚介類に接する機会が増えたからでしょう。

2尾しか手に入らなかった…

今の時期になると、サンマパーティーなるものまで開くまでになりました。

ところで、今年はサンマが大の不漁のようですね。値段が高騰しています。

夜明けが遅くなったなあ

魚好きになって以来、釣りを覚えました。

キスの天ぷらが食べたくなったら、朝の逗子海岸へ通っています。

ある日の釣果

釣果は日によってまちまちですが、たまに20cm超えサイズも釣れます。

それにしても思うのは、10月にしては海水温がやたら温かいな、と。

カライワシ

早朝の北風に吹かれても、海水に浸かってる足元はむしろ生温かい。

先日釣れたのは、なんとカライワシ。通常は沖縄などに生息する南方系の魚です。

台風19号通過後の逗子海岸

最近は台風が大型化していますよね。

海水温が暖かいと台風が取り込む水蒸気が増えるため、巨大化するわけです。

今後はますます災害対策をしっかりと。備えあればなんとかです。

関連記事:
災害が相次ぐ日本列島、「逗子市津波ハザードマップ」を見ながら災害に備える
逗子で暮らし始めてから不思議と魚嫌いが消えて、むしろ魚好きになった話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください