葉山の海でよく見かけるタカノハダイ、実は美味だという話は本当だった

シリーズにするつもりはないのですが、外道クッキングの続編です。

今回の食材はタカノハダイという魚です。

模様が特徴的なので覚えやすい魚

この辺りでは馴染みのない魚ですが、葉山の芝崎など相模湾をシュノーケリングすると必ずと言って良いほど見かけます。

しかし、食用としては好まれず、釣り人の間では臭みの強い魚として有名です。

タカノハダイが潜む場所にはメジナやクロダイが釣れないジンクスがあるらしい

先日メジナ、クロダイ狙いで横須賀は荒崎の磯へ釣行した時のこと。

ものすごいサラシの中からその魚が姿を現したのであります。

釣れたらその場で下処理をして持ち帰ると良い

釣れた瞬間は複雑な気持ちでしたが、冬のタカノハダイは美味いと聞いたことがあります。

藻を主食とする春から初秋を過ぎてからは、高級魚並みの味がするのだとか。

タカノハダイは焼き料理でもイケるらしい

評判通りほとんど臭みを感じなかったので、思い切って刺身で食してみました。

さほど脂はのってませんでしたが、噂通りの美味しさでしたよ。

鯛の刺身として出されたら気づかない人もいるかもしれません。

関連記事:
葉山で釣りなんかどうすかね?③【真名瀬周辺】(釣果:アズキハタ、カゴカキダイ、カサゴ)
葉山港で釣り人の大敵と遭遇、でも実はゴンズイさんは食べると美味しいという話は本当だった
逗子でも釣れるウミタナゴ、実は食べると美味しいという噂を確かめてみたけれども

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です