横須賀の馬堀海岸にあるオシャレな海沿いカフェ&レストランといえば「かねよ食堂」で間違いない

 

逗子からは少し離れるのですが、是非ご紹介したいお店があります。

横須賀にある「かねよ食堂」です。

「食堂」と聞くと昔ながらの大衆的なイメージを抱くかもしれませんが、ちょっと違います。漁師小屋をリノベーションしたという、海が見えてオシャレなカフェ&レストランです。

本日は久しぶりに妻とランチで訪れました。

場所は観音崎方面へ行った走水(はしりみず)という所で、横須賀のはずれに位置しています。

電車でも行けないことはありませんが、最寄りの「京急馬堀海岸駅」からは徒歩で20分以上かかります。圧倒的に車の方が行きやすいです。

車でも少し分かりづらいかもしれません。国道16号線沿いにある「やまに」というお店を目印に海岸方面へ入って下さい。

突き当りを右に曲がったら、細道を迷わず進み続けます。飛び出してくる猫に気をつけましょう。

すると、「かねよ食堂」と大きな看板が見えてきます。

敷地内に駐車場がありますので、店員さんに一声かけて下さい。

こちらは入口からの眺めですが、本当に海岸の真ん前にあります。

古材とトタンの風合いが良い感じです。

久しぶりに来たら内装が変わっていて、作りがしっかりしたように思います。カウンターまでできていました。

ご覧の通り木を基調にしていて、かかっている音楽も好きな曲ばかりで居心地が良いです。

こちらがランチメニューです。

最初は定食にしようと思っていたのですが、店員さんの丁寧なメニュー解説を聞いているうちに悩ましくなってきました。

デザートメニューもあります。

デザートはセットにするとお得です。

さんざん悩んだ挙げ句、私たちが頼んだメニューはこちら。

まずはドライフルーツゴルゴンゾーラパクチーピザをハーフ&ハーフで。

このパクチーは宮古島の知り合いから送ってもらっているそうで、パクチー好きとしてはたまらなくウマかったです。ゴルゴンゾーラの方はベリー系のフルーツとイチジクにハチミツをかけて頂きます。

こちらはローストポークと4種の副菜(1,500円)です。なんと豊かな食卓でしょう!

上のパンはタルティーヌと言って、ツナとアボカド、チーズが乗っています。

ポークはもちろんですが、中央の何気ないワカメがワサビが効いていて美味しかったです。

また、左上のミニデザートの中の寒天は、そばの海で獲れた天草で作っているそうです。地元の食材をふんだんに使用したメニューです。



自家製チャイ
(550円)
も頂きました。

少し値が張りますが、スパイスがしっかり効いていて美味しいです。

ちなみに、テラス席もあってペットも入店可能です。

平日にもかかわらず、間もなくお店はお客さんでいっぱいになりました。暖かい時期なんかは外の席も良いです。海が見えて最高です。

久しぶりに来て思いましたが、料理のクオリティーが上がったような気がしました。

雰囲気といい味といい、素晴らしいです。今後お邪魔する頻度が多くなりそうです。

そんなわけで、「かねよ食堂」を皆さんにおススメします。

かねよ食堂
ジャンル:多国籍料理
アクセス:京急本線馬堀海岸駅 徒歩26分
住所:〒239-0811 神奈川県横須賀市走水1-6-4(地図

周辺のお店のネット予約:
和風居酒屋 幸むらのコース一覧
創のコース一覧
宴会の一軒め酒場 横須賀中央店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 久里浜・浦賀×パシフィックリム
情報掲載日:2017年2月7日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です