2020年の初釣りは葉山・鐙摺港「たいぞう丸」でアマダイ狙い、結果撃沈した話

2020年の初釣りは船釣りで行こうってことで。

今、シーズンのアマダイを釣ってみたくてですね。

早朝の鐙摺港

マスコミにもちょいちょい登場するアマダイ船で評判の良い「たいぞう丸」

葉山の「鐙摺(あぶずり)」から出てるんですね。逗子からすぐの港です。

釣り船から見る逗子湾

07:00に出港。ちなみに、料金はHP割を利用して9,000円(エサ込み)。

氷は港内にある氷屋さんでバケツ一杯300円で購入できます。

自分以外、全員電動リール…

15分ほど走った葉山沖でアタリなし。

船長から場所変えのアナウンスが。さらに、1時間ほどかかるとのこと。

ここはどこ?

ずいぶん走ったなとスマホを見ると、なんとそこは千葉の館山沖。

水深はどこも85〜100m以上ある深場。こんな深い所初めてでした。

ヒメコダイ

気持ちを新たにアマダイ釣りを再開。

すると、まずかかったのはヒメコダイ。アマダイ五目の外道です。

ヒメ

周りで本命がちょくちょく顔を出す中、今度はヒメ

こいつを避けなければ、アマダイちゃんは釣れないのです。

キダイ(レンコダイ)

それから、キダイが連発。迫り来る沖上がりの時間。

悲鳴を上げる両腕。100mを超す釣り場で手巻きリールは失敗でした。

気分も黄昏

結果、まさかの本命ゼロ。アタリすらありませんでした。

全体的に渋かったとはいえ、最高47cmを釣ってる人もいましたからねえ。

私じゃダメなの?

こちら、寂しい釣果です。

深場の魚はリリースできないので、なんとか美味しく頂こうと思います。

関連記事:
釣った魚でクッキング【キダイ・ヒメコダイ・ヒメ】
葉山・鐙摺港「たいぞう丸」でアマダイ釣り、五目超えしてリベンジ達成!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください