行列に惹かれて立ち寄った城ヶ島の人気店「中村屋」で食べたまぐろのてんこ盛り丼がやたら美味かった

 

今回のグルメリポートは、逗子からちょっと離れて三浦市の城ヶ島からです。

城ヶ島は三浦半島の先端にある、人口600人弱の小さな離島です。

離島と言っても橋と陸続きなので、行きづらさはありません。

城ヶ島大橋は普通車で100円で通過できます。1分もあれば到着する距離です。

今回、城ヶ島を訪れたのは9月30日に開催された「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」に参加するためでした。

当記事はグルメリポートなので、映画祭の模様は別記事をご参照下さい。

当日は映画祭の飲食ブースでお腹を満たす予定だったのですが、お目当のお店の出店がなくなっていました。

そこで、島の食堂で腹ごしらえをしようと城ヶ島灯台商店街をふらふらとしておりました。

結構どのお店も同じくらいのお客さんで賑わっていたので、目星がつけづらかったです。

しかし、その中でひと際目を引くお店がありました。

その名は「中村屋」と言います。

スマホで検索してもすぐには出てこなかったのですが、店前の行列と焦げた醤油の匂いに惹かれてこのお店に並ぶことにしました。

待つこと20分程度。店内へ通されました。

有名人の写真がたくさん並んでいたので、人気のお店で間違いありません。

私が頼んだのは、看板メニューのまぐろてんこ盛り丼(1.350円)です。

まぐろの赤身と漬け、ネギトロを盛り合せたものです。

写真をパシャパシャ撮っていたら、お店のおばちゃんが丼を一番良い角度に変えてくれました。

お味も方も抜群で、「久しぶりに美味い海鮮丼を食べたなあ」と思えました。

こちらはまぐろの漬け丼(950円)です。

とにかく漬けだけ食べたいって方は、こっちの方が良いでしょうね。

 

混雑した店内から「まぐろきっぷ」という言葉がよく聞こえてきました。

あとで調べてみたところ、「中村屋」は京急電鉄がやっているみさきまぐろきっぷ「城ヶ島コース」の店舗一覧に載っていました。

余談ですが、このみさきまぐろきっぷは品川や横浜から電車でくる方にはめっぽうお得なチケットです

こちらが城ヶ島、および「中村屋」の地図です。

色々と世話を焼いてくれて、サービス満点のお店でした。オススメです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です