ソロキャンパーのマストアイテム「SOLO STOVE(ソロストーブ)」、冬の逗子海岸で試してみた

少し前から“ソロ”キャンプが流行していますね。

最近、YouTubeで真冬のソロキャンプ動画を見まくっています。

コンパクトで軽い

その中でよく登場する人気アイテムがこちら。

「SOLO STOVE」です。1人用のコンロといったところでしょうか。

サイズがいくつかあるのですが、この度はタイタンをチョイス。

春キャンプへ向けて、使い慣らしておかなければ。

ソロストーブ・タイタン

手始めに、晴れた逗子海岸で試運転してみることにしました。

燃料は拾ってきた小枝だけです。あとは着火用に古新聞を一切れ。

すぐ火がついた

点火してすぐに燃え始めました。少ない燃料ですごい火力。

ただ、思ってたより燃焼が早いです。

小枝を焚べ続ける

小枝はすぐに灰と化し、すると火が消えてしまいそうになる。

扱いに慣れないせいもあり、500cc程度の水を沸かすのに20分もかかってしまいました。

富士山を見ながら一服

続いて、スキレットでじゃがバター作りです。

予定では、コーヒーを飲みながらまったりと火が通るのを待つはずでしたが。

理想の燃え方

小枝がすぐに燃え尽きるので、休む暇なく焚べ続けねばなりません。

しまいには、燃えかすがコンロに溜まって酸素が回らなくなる始末。

やけくその図

多めに集めたはずの小枝がみるみると減っていく。パンは温まらない。

こうなりゃ、こちとら腹が減ってるっつーわけで、直火で勝負ですよ。

思ってたんと違う…

燃料を使い切って、それでも火の通りは八分目あたり。

それでも空腹の身体には有り難かったです。

もうちょっと使い方を勉強しないといけませんかね。。。

関連記事:
逗子のダイソーで買った100円グッズを使って錆びた斧と鉈を復活させてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください