ゴールドウインが運営する葉山・一色海岸の海の家「THE SAIL HUS」から見渡す見事な夕景

 

葉山の一色海岸に、今年からユニークな形をした建物が建っています。

THE SAIL HUS(セイル・ハウス)」という名前の海の家です。

気になりつつも行き慣れた「ブルームーン」があるもんで、なかなか足が向かなかったのですが。

運営元が(株)ゴールドウインと知り、興味を持ちました。

(正確には、昨年から海の家は出しており、このデザインにしたのが今年からなのだとか。)

ゴールドウインといえば、ヘリーハンセンとかノースフェイスを展開していることで有名です。

それがさらに、(株)FMGとコラボしてるとのことで期待感アップ。

FMGは都内で幅広いジャンルの飲食店を展開していて、どれも評判が良いんです。

そのうちの一つ、「せんだが家」の台湾まぜそばを出していると知り訪れたのが、実は大きな理由でした。

飲食スペースは2階にあります。BBQセットが用意してあり、ネット予約が可能だそうです。

海に面した席は、予約が入っていて座れませんでした。。。

何はともあれ、乾杯!

コロナ(700円)ハートランド(700円)、それにレモネード(500円)です。

当日は珍しく富士山が見えるほど空気が澄んでいましたが、もはや花より団子です。

お目当ての台湾まぜそば(1,000円)エビのフリット(700円)を頂きます。

まぜそばは、卵を溶いて食べる前に混ぜ合わせます。

コシがある中太麺は食べ応えあり。ピリ辛の味付けがちょうど良いです。

こちらはタコライス(1,100円)です。

こちらもミンチ肉がピリ辛でした。

スパイシースペアリブ(900円)も頼みました。

こっちは甘辛の味付けでした。

当日は夕景が素晴らしく、「THE SAIL HUS」からの眺めは最高でした。

葉山の海の家は22:00まで営業していますから、夏の夜の雰囲気も楽しめます。

とはいえ、明らかにヤングな客層が多かったです。

私たちにはやっぱり「ブルームーン」の方が落ち着くかなあ。

THE SAIL HUS公式ウェブサイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です