【調査編】ごみ処理有料制の逗子市、エコで経済的な手作り「段ボールコンポスト」で生ごみの減量にトライしてみた

 

2015年の10月〜、逗子市では家庭ごみが有料化されました。

燃やすごみ不燃ごみは、市指定のごみ袋を購入して捨てます。

導入された当初はちょっと戸惑いましたが、もう3年経ちましたから慣れたものです。

市によれば、ごみ有料化による財政効果は1億6,225万円とも言われています(H.26とH.28の比較)。

ごみ袋の大きさと価格は上記の通りですが、毎日出るごみのことです。費用もバカになりません。

それでどうにかしようというわけで、遅まきながら我が家もごみの減量に乗り出すことにしました。

なお、今回のターゲットは生ごみとします。

まず調べたのは、家庭用ごみ処理機ですが、高いですね。5万円前後なんてザラです。

それに結局臭いが出るとか、電気代がかかるとか。音がうるさいって評判もありました。

中には、思い切ってハイブリッドの処理機(10万くらいする)を買うべきだという意見あり。

リンクを貼ったAmazonのベストセラー商品は、わりと評判良かったですが。

ちなみに、市で乾燥式の電動生ごみ処理機を貸し出ししているらしいっす(資源循環課)。

キッチンコンポストなら、初期費用がぐんと下げられます。

ぼかし肥を振りかけて発酵させて生ごみを有機肥料へ。溜まった抽出液は液肥になるのだとか。

なるほど、生ごみを堆肥にしちまおうっていうのはエコですね!

我が家にはプランターの家庭菜園があるし、市民農園も借りてますからね。うってつけです。

でもやはり、臭うとか臭わないとか両論ありーの、ぼかし肥やら発酵促進剤やらと買わねばならんのですね。

かえって費用がかさむのでは、本末転倒でっせ。と思いつつも、ちゃんと「キエーロ」も調べました。

本体価格は24,000円ですが、市から4分の3の助成が得られますから実質6,000円で購入できます。

逗子市商工会(電話046-871-2030)を通して購入手続きをするらしいっす。

まあ、でもウチの場合。長期的展望に基づいて検討するに、ちと今の住まいには難しいかなと。。。

それで、ようやく結論を言いますと。

ウンウン悩んだあげく、段ボールコンポストなる方法を発見したのであります!

材料は①ダンボール②園芸用土(ピートモス)、③くん炭のみ

要は、段ボールでできる手作りコンポストってとこです。

これなら生ごみも費用も極力抑えられそうだし、お手軽ですね。臭いも出ないって話です。

トライしてみる価値がありそうです。

てなわけで、次回【準備編】でお会いしましょう。

関連記事:
【準備編】ごみ処理有料制の逗子市、エコで経済的な手作り「段ボールコンポスト」で生ごみの減量にトライしてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です