台風18号の影響で逗子海岸にようやくサーファー向けの波が来た

 

9月18日(月)快晴。

大型で非常に強い台風が、昨晩関東地方を通過していきました。

ここ逗子でも風を非常に強く感じました。

で、台風一過の本日、海岸の様子が気になります。

こちらは07:58の逗子海岸の様子です。

ウインドサーファーのほか、東側にサーファーが多数見受けられました。

動画を撮影しましたので、よろしければご覧下さい。

波の間隔が狭すぎて沖に出るだけで大変です。何度も高波に押し戻される始末で、体力がすぐに消耗されていきます。

09:00過ぎくらいからウインドサーファーが減り始め、逆にサーファーが増えてきました。

ショートボードのサーファーが圧倒的に多かったです。

10:41現在、徐々にセット間隔が広がってきているとはいえ、まだまだ波は激しいです。

普段穏やかな逗子の海がサーフィン向きの波になる日はそうありませんので、この貴重な機会は逃したくないですね。

特にボード感覚に違和感はなかったものの、陸に上がってびっくり!

あまりの波の強さにフィンが一つ根元から折れていました。早く交換せねば。。。

というわけで、時間を置いて夕方に再び逗子海岸を訪れました。こちらは、17:00過ぎ、 大崎寄りの様子です。

予想した通り、海はサーファー天国でした。波の高さもセット間隔も良好この上なし。

今年一番の波を楽しむことができました。

※天気図はヤフー天気から転載しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です