葉山・堀内に6月オープンしたばかりのタイ料理屋「Baan Ray(バーン・レイ)」を訪れてみた

 

本日は葉山のタイ料理屋へお邪魔してきました。今年の6月にできたばかりの新店です。

名前はBaan Rey(バーン・レイ)」と言います。

IMG_7991

見ての通り、素敵な外観です。確かこの間まで、インテリアショップでした。

逗子から葉山へ行く主要道路(134号)沿いにあるので、夜車で通ると明るい店内を見かけます。

タイ料理のお店だと知り、気になっていました。

IMG_7992

混んでいるイメージが強かったので、ディナーの始まる17時に予約しました。

駐車場はお店の裏に3台分?ありました。

IMG_7993

一番乗りで到着!張り切りすぎましたかね?

外観に劣らず、内装もオシャレです。

IMG_8003

カウンター席もありました。

天井が高くて開放感があります。

IMG_7994

まず、小皿料理をオーダーしました。

こちらはトリ皮揚げ(300円)です。

IMG_7995

続いてガイマナオ(ゆで鶏のピリ辛レモンソース)(500円)

身がふっくらしていて、ソースも美味しかったです。

IMG_8002

タイのビールはシンハー(700円)のみです。私の好きなチャンビアはありませんでした。

ビール好きな私にとってビールはグラスで飲みたい質なのですが、清潔感のあるアルミのグラスも悪くなかったです。

IMG_8001

こちらはグリーンカレー(1,400円)です。

エビも野菜も大きめで食べ応えがあります。辛さも効いていましました。

普通サイズだとルーは4人分程度あるので、ジャスミンライスを別途オーダーして4人でシェアしました(ルーはハーフサイズもあります)。

IMG_8005

こちらは佐島の魚のフリット&季節の野菜(タイ風ディップ2種添え)(900円)です。

2種のディップはエビとココナッツでした。右側の揚げ物は白身魚とナスです。

IMG_8004

タイ料理の定番もオーダーしました。パッタイ(タイ風焼きそば)(1,200円)です。

特有の甘ったるさがなく、好みの味でした。

IMG_8009

ソフトドリンクもあります。

こちらはマンゴーラッシーです。絶妙な混ざり方が食欲をそそります。

IMG_8006

最後にトムヤムクン(有頭エビのすっぱ辛いスープ)(1,500円)です。

入っていた赤唐辛子をもろに噛み砕いてしまい、ヒーヒーたまりませんでした。

日本のタイ料理屋は日本人が食べやすいように辛さを抑えてあることが多いと思います。

しかし、ここ「バーン・レイ」は料理全般にしっかりととした辛さがありました。辛いのが大好きな私にとっては嬉しい限りです。

パクチーもほとんどのメニューにふんだんに散りばめてあって良かったです。

また、タイ料理独特の酸っぱ甘ったるい味がなく、辛さが強調されていたように思います。

価格帯も葉山の割に全体的に安かったです。個人的にはオススメ、リピートしたいお店です。

Baan Rey 葉山
ジャンル:タイ料理
アクセス:京急逗子線新逗子駅南口 徒歩21分
住所:〒240-0113 神奈川県三浦郡葉山町長柄45(地図

周辺のお店のネット予約:
オーダー式 食べ放題朝廷 横須賀中央店のコース一覧
お好み焼きBAR 中村酒店のコース一覧
創作Dining わっかのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 葉山×タイ料理
情報掲載日:2017年1月28日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です