「岡崎おうはん」のヒナが生後37日でついにニワトリ小屋で初夜を明かしました

日中は外の小屋で、たまに庭へ放す。で、夜は屋内の育すう箱で寝かす。

30日齢辺りから、ヒナたちはこうしたルーティーンでした。

見守りカメラ

我が家の近所にはノラ猫が多いので、念のためこうしていたのですが。

心強い味方を得たので、今夜から外で寝かすことにします。*カメラ設置記事

はしゃぐ2羽

そんな事とは露知らず、いつものように外で遊ぶ2羽。

夕方なので、もうすぐご飯の時間です。

うとうと

夕食を終え、お腹いっぱい。

いつもなら、お家ヘ帰って寝る準備を始めます。

観察開始

16:53…小屋に2羽を置いてきました。

カメラで初夜の様子を観察します。

向き変わる

17:10…20分後、2羽とも反対を向いていました。

眠いけど、まだ明るいので眩しいのかな。

起きてる

19:07…しばらく眠れなそうにピヨピヨ鳴いていましたが。

左の産卵箱へ一緒に入っていました。

寝た

19:48…風除けに置いたポリカ板が音をたてるので時々目を覚ますも。

無事に眠ったと判断し、カメラの向きを変えノラ猫監視体制へ。

起きてる

07:29…翌朝、寝床でスマホを確認すると、ヒナはとっくに活動中。

何事もなかったかのように、夕べの餌の残りカスをつついていました。

朝ごはん中

すいません、寝坊しました。急いでご飯を用意しました。

以上、初夜の様子でした。これで、問題なく小屋へ送り出せそうです。

関連記事:
ニワトリ小屋にAmazonで売ってる360度監視カメラを設置してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください