自分でリフォーム大作戦、天井に張る杉板を柿渋で染めてみた

屋根裏の断熱材を付け終え、天井に貼る板材を手配してもらいました。

つまりはこの板の木目なり模様なりが、下から見える板になるわけです。

天井板

部屋の印象を決める上で大事な工程です。

約3.7mの杉板が45枚。このまま貼り付けては芸がない。

まったく匂わないよ

私たちは柿渋で染めることにしました。

防虫・消臭効果がある天然素材として、最近見直されています。

180番くらいで

まずは板の表面にあるざらつきを取ります。

これは電動のサンダーを使った方が断然効率的です。

ぬりぬーり

そしたら、2倍に希釈した柿渋で染めていきます。

板が反り上がった時のために、側面も塗っておきましょう。

上:ヤスった方 下:そのまま

とここで、作業中断。やすりがけしない方が杉の荒々しさが出ていて良いとのこと。

これは妻の判断です。私は、そっちの方が楽だから同意しました。

下から干した順

塗り終えたら、天日干しします。

乾くと色がだんだん薄くなっていきます。

やっと終わった…

45枚を塗り終えた時にはもう日が落ちていました。

雨の予報が出ていたので、室内に移動して泥のように眠りました。

翌朝

翌朝、板の状態を確認するとこんな感じ。

真ん中の板が塗る前の状態。それと比較すると、染まっていますね。

もうちょっと濃くしたい

柿渋は時間が経つにつれて色味が増してくるそうです。

なので、重ね塗りするべきか判断に悩むところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください