逗子の田越川河口で釣れたウナギを蒲焼きにして食べてみた結果…

先月、逗子の田越川で夜釣りしたら小さなウナギが釣れました。

ウナギは雨上がりによく釣れると言いますから、今宵は絶好のチャンスです。

なんとなくボカした

場所はあんま言わない方が良いですよね。河口の辺りです。

実はあれから3回ほど釣行しましたが、ゴンズイしか釣れていません。

やった、ウナギ釣れた!

ところが今回は外道が釣れずに、ウナギだけが釣れました。しかも2匹。

で、ある一定の時間を過ぎると、ぱったりいなくなりました。

2匹とも同じサイズ

2匹とも40cmいかないくらいのサイズでしたが、悩んだ末に持ち帰りました。

どうしても蒲焼きにして逗子のウナギを食してみたかったのです。

骨と頭を炙ってタレと煮込む

ウナギは熱湯に10秒くらい浸すとヌメリが取れやすくなります。

また、炙ったアラをタレと一緒に煮込むと旨味が増すそうです。

こんなに縮むとは!

ウナギを焼くと小さくなるとは聞いていましたが、思った以上に縮んでしまいました。

このサイズでは2匹使っても、1人前にもならないのですね。

臭みはありませんでしたが、小さすぎてふんわりどころかちょっとカタい。これなら去年食べたゴンズイの方が肉厚で美味しかったです。

関連記事:
逗子の田越川河口でウナギ狙いで夜釣りしてみたら、知らない間に五目達成!
葉山港で釣り人の大敵と遭遇、でも実はゴンズイさんは食べると美味しいという話は本当だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください