8/16(木)葉山の森戸海岸でお盆の灯篭流しが10年ぶりに復活!

 

2018年8月16日(木)、葉山の森戸海岸へやって来ました。

本日は、ここでお盆の灯篭流しが行われます。

なんでも10年ぶりの復活なのだとか。資金不足で中止が続いていたそうです。

当日は朝から波が高く、灯篭流しにはちときつい天候でした。

それでも18:30が近づくと、海の家・オアシスの演奏が止み、人だかりができました。

灯篭(供養料)は一基3,000円です。

先に法要浜施餓鬼(はませがき)が執り行われました。協力は葉山仏教会です。

浜施餓鬼というのは、浜や海で亡くなった方々を供養することです。

19:00頃からいよいよ灯篭流しが始まりました。当日は波があったので、砂浜からは流せません。

堤防の先から、係りの人が海に入り込んで流していました。

けれども波の影響で、早々に沈没してしまう灯篭が多かったです。砂浜から心配そうに見守る人々。

ちなみに、灯篭は水に溶ける素材でできているそうです。

それでも、(少ないながらも)海面に浮かぶ灯篭には風情を感じますね。

逗子の御霊送りは実際に灯篭は流しません。なので、この貴重な光景を見ることができて嬉しかったです。

是非また来年もやって頂いて、日本の伝統行事をゆったり拝見したいものです。

関連記事:
・お盆の逗子海水浴場が一変、夏の夜の「御霊おくり」
・灯篭流し10年ぶり復活 16日に森戸海岸 浜施餓鬼も

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です