家庭菜園で育てた自家製ミントを使ってモヒートを楽しむひと時

 

4月も下旬にさしかかり、気候が暖かくなると、逗子の町はだんだん浮かれてきます。

特に本日22日(日)は、真夏日と思えるくらいの晴天に恵まれました。

お昼過ぎ、逗子海岸へ出てみました。

砂浜にはたくさんの人が訪れていて、中には水着で海水浴を楽しむ人までいました。

ところで、暑い日といえばモヒートですよね?

我が家ではモヒートには欠かせないスペアミントをプランターで育てています。

ミントには虫がつかないなんて聞いたことがありますが、そんなことは大嘘で、青虫だのバッタだのに毎年食い荒らされて困っていました。

なので、今年はプランターに虫除け対策を施し、厳重な管理を始めました。

ダイソーで買ったワイヤーネット2つを結束バンドで固定し虫除けネットで包んだ、自慢の自作品なのであります。

最近ミントはオーケーストアにも並ばなくなったので、貴重品です。

ベースのホワイトラムはバカルディではなく、ハバナクラブの3年ものを使用します。

逗子の酒屋さんを方々当たりましたが、販売しているお店をついに見つけられませんでした。

葉山まで範囲を広げ、一色の大門商店で手に入れています。

そんでもって、自分好みのモヒートを出してくれるお店がなかなかないんですよね。

今年は努力の甲斐あって、無傷のミントが豊富に成長しました。

おかげさまで、贅沢に詰め込んだミントが香るモヒートを楽しむことができています。

キューバの音楽をかけて嗜めば、こいつは最高のひと時と言えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です