開催危機の逗子海岸花火大会2018が支援要請中!4/8(日)〜クラウドファンディングが始まった

 

初夏の恒例行事として、楽しみにしている逗子海岸花火大会

先日もお伝えしたように、2018年の開催はまだ決まっていません。

詳細は、先日お伝えした通りです。(緊縮財政で開催が危ぶまれる2018年の逗子海岸花火大会…

市からの補助金が打ち切られたため、現在、実行委員会が資金集めを始めています。

逗子市のHPによると、今年は有料席が設けられたようで、カンパ用の様々な支援窓口が用意されています。

その一環として、4月8日(日)〜クラウドファンディングの受付も始まりました。

興味のある方は、FAAVO湘南のウェブサイトをご覧下さい(当ブログ上にもリンクを貼ってあります)。

スマホで1,000円からでも手軽に募金できるので、これは良い方法ですね。

昨年の鎌倉花火大会はクラウドファンディングで1,000万集めたと聞いています。

これでどうにか実現することを願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です