孵化から48日後、おたまじゃくしから手足が生えてついにカエルになった

 

2月からおたまじゃくしを育てています。

卵が孵化してから約2ヵ月、成長の過程を見ていきましょう(前回の記事)。

3/31(土)…両足がバッチリ生えましたが、生活領域はまだ水中です。

相変わらず長〜いウ◯コを出しながらエサに食らいついています。

4/4(水)…話に聞いた通り、左側の出水孔から左手を生やすおたまじゃくしが続出。

顔立ちが徐々にカエルに近づいています。尻尾が長いし、ちょっとキモいですね。

で、気になっていた右手の生える瞬間を捉えることに成功しました。

皮膚を突き破って右手を出す姿は、少し痛々しい感じでした。

こちらがカエル第1号。1cmちょっとくらいの大きさです。

両手を生やしてからは、毎日の成長の度合いがかなり早いです。見るたびに姿が変化しています。

4/8(日)…続々とみなさん、カエルになってきました。肺呼吸にも慣れてきた様子。

隅っこに身を寄せ合いながら、1日をじっと過ごしていることが多いです。

ところで、カエルになってから数日、何も食べようとしません。

生きた小虫を与えても、手でよけてしまう始末。

全員がカエルになった時を別れの時としているので、それまでは何とかしなければ。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です