1/8の葉山・長者ヶ崎海岸のどんど焼きは中止、金子しゅうめいさんの獅子舞で厄を払い幸せを招く

 

1月8日(月・祝)葉山・長者ヶ崎海岸で恒例のどんど焼きが行われる予定でした。

場所は大海荘前、時間は10:00〜12:00です。

恥ずかしながら私、どんど焼きってのを知ったのはここ数年の話です。

正月飾りを燃やした火にあたることで、無病息災を願うという縁起物のイベントなのであります。

しかしながら、当日は午後から予想される雨のために中止となりました。

正月飾りは13日(土)の一色海岸のどんど焼きで燃やしてもらえるとのことで、今回は下山口の神明社にて獅子舞のみの決行です。

え、獅子舞? そうなんです。ここ葉山・下山口ではお正月に獅子舞が見れるんです。

舞を披露してくださるのは金子しゅうめいさんと言って、逗子在住の獅子役者さんです。

というわけで、11:00〜の獅子舞を見に神明社へやって来ました。

すでにポツポツと人が集まってきていました。

金子さんは太鼓の演奏者でもあるということで、最初に和太鼓を披露してくれました。

所作が一つ一つキビキビしていて、軽いタッチなのに音がやたら響くので驚きました。さすがプロですね。

続いて、獅子舞。本来だったら、特別に浜で見ることができたのに。。。次回以降に期待しましょう。

ダイナミックな動きだけでなく、細かい口の動きや軽妙な身のこなしが見所でした。

舞いが終わると外に出て来て、順々に人々の頭を噛んで進みます。

一人一人に「良い年になりますように」と声をかけていました。恐い顔して良い奴なんですね。

ちなみに、獅子を見て泣く子供の声も厄払いに効くそうです。

お捻りを器用に受け取るシーンです。

「全部でいくら稼いだのかな」なんていう邪念が消えないブログ主にも良い年が来ると良いのですが。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です