自分でリフォーム大作戦、リビングにシーリングファンを設置する

9月から始めたリビングのDIYリフォーム。

あらかた終了したところで、忘れちゃならない家具を導入します。

待ってました!

それは、シーリングファンです。

天井を吹き抜けにしたので、冷暖房効率を上げるための必須アイテムなのです。

自分で組み立てる

ウチは天井が傾斜・変形しているので、ポールの長さや羽根の枚数など。

デザインはもちろん、色々調査・検討してオーデリックのファンにしました。

ここに設置する

取り付け部分は、水平の柱です。10cmの幅がありますが、コードがはみ出しています。

このままでは固定金具が取り付けられないので、工作する必要があります。

これでいいっしょ

屋根裏に張り付けた杉板の端材で、金具に合わせて丸くカット。

コードを逃がすために噛ませる板を作りました。

割れちゃった…

ところが、柔らかい杉板を使用したのが失敗でした。

ビスを打つと、ボロボロと割れてしまう始末。結局、コンパネで作り直しました。

これで安心

てこずりながら、何とかコードを逃がすことに成功。

販売店に相談した所、ワッシャーを重ねて厚みを得る方法を教えてくれました。

ガッチリ固定

こうして、固定金具を取り付けることができました。

シーリングファンはポールを入れて5kgくらいあるので、この作業は重要です。

ポールは60cm

そしたら、組み立てたポールとモーター部分を取り付けます。

あとは、羽根を取り付けるだけです。

最大風速

思ったより設置に手間取りましたが、無事に完了。

ファンがついぞ回転したときは、感動しました。

イケてる

色々悩んで決めたファン。イメージ通りで、とても気に入りました。

果たして、効果の程は如何に。そこが問題です。

関連記事:
自分でリフォーム大作戦、天井裏へ柿渋で染めた杉板を貼り付ける②
自分でリフォーム大作戦、天井を抜いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください