自分でリフォーム大作戦、天井裏へ柿渋で染めた杉板を貼り付ける②

屋根裏に板材をコンプレッサーで打ち付けています。

板材となる杉板は、自分で柿渋で染めました。

ここまで進んだ

柿渋は板によって染まり具合が変わります。

濃いものと薄いものが交互に埋まるように気を配りました。

天井高い

天井裏の高さは最高で4.3m。

足場板1枚の上での作業は貴重な体験でした。

おーこわ

上から見下ろすとこんな感じです。

最初の方が怖くなかったですね。やっぱ地上が一番です。

完成!

いよいよ、貼り付け完了です。

逗子のアパートで野晒しにしていた板を思いつきで使用したら、良いアクセントになりました。

いい眺め

素晴らしい出来栄えに大満足。

しばらくは屋根裏を見ながら晩酌しようと思います。

関連記事:
自分でリフォーム大作戦、天井裏へ柿渋で染めた杉板を貼り付ける①
自分でリフォーム大作戦、天井に張る杉板を柿渋で染めてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください