自分でリフォーム大作戦、漆喰壁の下準備 -クロス剥がし&シーリング他編

漆喰壁作りは漆喰を塗るまでがちょー大変です。

新設した石膏ボード壁のマスキング・パテ埋めを終えても、まだ塗る段階までは程遠いのでした。*前回の記事

120番くらいで

パテがやせた部分を重ねて埋めたり、盛り上がった部分をヤスリがけしたり。

高所作業で腕が疲れる。また、削った粉が舞い散って、掃除がとても大変。

キレイに剥がれない…

お次は、クロス剥がしです。壁はすべて漆喰に塗り替えます。

リフォーム中の部屋は、以前は和室だったようで、砂壁が姿を現しました。

こりゃ大変だ

砂壁にひっ付いた薄紙は雑巾で濡らして、丁寧に剥がします。

こういう作業は正直、楽しくはないですね。量も多いし。

砂壁にもパテ埋め

砂壁のひび割れや隙間をパテ埋めします。

昔のエアコン穴が出現するなど、イレギュラーな補修作業が出てきます。

まだ漆喰塗れない

ついでに、ぐらついた電気スイッチを直します。

地味ですが、大事な作業。今が踏ん張り時です。

再度、マスキング

パテ用のマスキングを剥がしたら、再びマスキング(梁や柱の養生を含む)。

今度は、シーラーと漆喰塗り用のマスキングです。この作業はしんどいでっせ。

水で希釈

そしたら、シーラーを塗っていきます。

アク止めのため、壁全面に塗ります。乾いたら2度塗りします。

ぬりぬり

隅っこは刷毛で、広いところはローラーで。

石膏ボード、砂壁、ベニヤなどの壁下地をシーリングしていきます。

延々と作業は続く

壁の総面積は約45平米。

ここ何日も地味に大変な作業が続いてさすがに疲れました。

重ね塗りを繰り返しながら、次工程のフローリング剥がしへ移ります。

関連記事:
自分でリフォーム大作戦、漆喰壁の下準備 -パテ埋め編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください