明暗分けた鎌倉・葉山の花火大会2018、葉山花火大会の穴場スポット教えます

 

7月の第4週、逗子周辺では花火大会のラッシュです。

2018年は24日(火)が鎌倉で、26日(木)は葉山で行われました。

先に行われた第70回鎌倉花火大会は、大変不運な結果に終わりました。

風の影響で煙が滞留し、花火がまったくと言っていいほど見えませんでした。

私は葉山の森戸海岸から傍目に見ていただけでしたが、間近の観客席からも見えなかったそうです。

一方、対照的だったのが第53回葉山花火大会でした。

風は穏やかで波もなく、絶好の花火大会日和となりました。撮影にも力が入りましたよ!

ところで、上の花火写真、どこから撮ったと思いますか?

遠方に森戸海岸を望む絶好の穴場スポットなのであります。

正解は葉山港です。当日は花火大会のため、夜でも限定的に場所を解放してくれているのです。

駐車場にトイレあり、自販機付きのナイスな場所を見つけました。

葉山の花火大会はさほど混雑しないとはいえ、この空き具合は居心地が良いです。

下はデッキだから汚れないし、階段状になっているため前の人の頭が邪魔になることもありません。

ちょうど赤く示した部分が、花火大会当日の解放エリアです。

あんまり言いふらさないようにして下さいね。

関連記事:
夜空に煙もうもう…「何も見えん!」 鎌倉花火、「風のイタズラ」に会場ガックリ(JCASTニュース)
森戸海岸の海の家「OASIS(オアシス)」の投げ銭ライブにまさかのスチャダラパー登場!(からの鎌倉花火大会)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です